Web屋パパの日々の泡

子育て、ウェブ、サッカー、キャンプ、とりあえず身の回りのいろんなことを自分のログとして書き記していくブログです。

息子と登山

土曜日、朝から息子と金剛山に登ってきた。大阪で人気の山、カジュアルに登れるのでいつも人が多い。富士山に登りたいという息子と練習や様子見を兼ねて初めてのチャレンジ。

令和元年 GW旅行

せっかく長い休みが取れるんだから、普段行かないあたりまでちょっと旅行しにいこうよという流れで1週間丸々使って富士山の麓「ふもとっぱらキャンプ場」まで行って来ました。富士山と静岡最高過ぎる

平成の終わりに

「平成の終わり」がセンチメンタルかというとそんなことはなくて、新しい時代だと言っても同じような事を年明けと年度明けにも思ったから大安売り感は否めない。自分の中の一区切りとしては31年は長すぎる。でもまあ、色んなことがあったねとなんとなく振り…

たゆたえども沈まず

パリのノートルダム寺院が火事で大きく延焼。こればっかりはどうしょうもないよね。金閣寺も燃えたし。SNSで拡散される映像や、これまたSNSでサッカー選手のリアクションや寄付の申し出がすぐに出てくるところも時代を感じるわけだけど。パリには何度も行っ…

ルヴァンカップ セレッソ-名古屋観戦

年度が開けて有給取って、雨だってのでのんびりしてたけど夕方からサッカー見に行く。ダラダラの一日。出かける前に夕食のカレーだけ作って父親らしいことをしておく。そしてサッカーだ。最近いい感じなのでワクワク。

子供の進級と家族の時間

新学期が始まって、子供たちはまた一つ学年が上がった。家から通学の地図書いたりゼッケン縫い付けたり、誰それと同じクラスになったよと報告を聞いたりするのが家族の春の行事になって久しい。ああ、春がきた。

マルシェ的なイベントが増えたよなあ

一括りにしてなんと呼ぶのかわからないけど、最近「手作りマルシェ」的なイベントが増えてきたなあと言う印象がある。自分も運営に携わったりするので余計に気になる。

コストコ慣れ

コストコの会員になって3-4ヵ月に1回くらい行くようになったけど、だいぶ買い物に慣れた気がする。浮かれずにいればそんなに無駄に買い物することはない。 画像は関係ありません

いうてる矢先に地震あったね

「3.11が来るたびに忘れないように」的なことセンチメンタルに書いてたら本当に地震が来た話。

河内長野 LOOPTREEというイベントに行ってきた

先週末、河内長野であったマルシェイベントに行ってきた。河内木材のプロモーションイベントとして、木のワークショップをやるような施設があってそこに近くのお店やらが集まって出展してた。最近この手のイベントが雨後のタケノコのように乱立してるなあと…

3.11

「もしかしたら今日は3月10日かもしれない」ってコピーを見かけて、わかりやすくていいなあと思った。それはいつやってくるかもしれないのだ。そう思うと事前に把握できる台風は良心的だ。

子供の成長と週末の過ごし方

年度末だー!と仕事が立て込んでくるタイミングは、子供たちにとっては「宿題のない長期休暇」である春休みがやってくる夢のような時期で、当然小学校だと学年末試験みたいなものもないからのんびりしてる。いいなあ。春からは6年と3年、大きくなったなあと…

家族でスキー

息子のボーイスカウト付き添いで家族でスキー。奥さんは昔家族でよく行ってたというけどそれも小学生以来。僕も中学生の時の学校のスキー合宿以来。つまり、まったくウィンタースポーツに縁のないままここまで来たので逆にいい機会だなとワクワクしながら山…

24年目の幸福について

阪神淡路大震災から24年。 去年は大阪も色々災害のあおりをくらったけど、それでもなんとか家族全員で生きている。当時の僕は高校2年で、フランスに住んでた。遠く離れた故郷のニュースがこんな形でテレビに流れるなんて思いもしなかったしすごい衝撃だった…

教団X / 中村文則

会社の人に借りて連休前から読み始めた。公安にマークされ、名前もなくXと呼ばれる教団の、それにまつわる色々な話。そう書くとなかなか怪しいけどとても面白かった教団X (集英社文庫)作者: 中村文則出版社/メーカー: 集英社発売日: 2017/06/22メディア: 文…

長い休みの年末年始

今回の年末年始はとても良い。年末は子供と用事をこなしながら自転車乗りに行ったりして、年が明けてからは僕と奥さん両方の実家でご馳走をいただく。どれも予定が詰まってなくてのんびりしながら過ごせたのもよかったな

娘と外出

最近娘と外出することが増えた。楽しい。日々の暮らしの中で家にいると「父と娘」の関係というのか、保護者と子供の関係のままなんだけど、外出して車に乗ってたり歩きながら喋ったりしてると結構いろんなことを話してくれる。

地域創生的なやつについて

今年はいろんなところで地域の話を聞く気がするな。地域ブランド、町おこし、地方創生、いろんな言い方がある。どれもしっくりこない。いろんなところに行ったり関わったりしてみると、発信側と受け手のギャップは大きいなあと思ったりする。それと同時に自…

M-1グランプリ見終えて

霜降り明星が優勝。思ってたよりずっとグッといって、いつものネタの感じやったけど粗品が面白かったなあ。年末のオールザッツ漫才で粗品が優勝してから6年であそこまで行けるもんなんやなあ。

今年の全日本剣道が素晴らしかったので記録

11月3日といえば、日本の国民的イベント全日本剣道選手権なわけですが、序盤はYouTubeのライブ放送で、準決勝からテレビで見てて最高に素晴らしかったので記録しておく。▼準決勝 西村 - 安藤 www.youtube.com

コストコ買い出し

細々した日用品を買いにコストコへ。

小2男子「マンゴーとゲームのためならなんでも頑張れる」

息子、少しずつ成長したり壁にぶつかったりしながら頑張ってる。何年か経って、今の時期をどんな風に思い出すだろうな。

秋ののんびりキャンプ

連休後半の2日でキャンプに行ってきた。台風来るかと思ったけど良い感じに逸れてくれたので急遽キャンプ場探してなかなか空いてるところなかったけど京丹波まで行ってきた。

2度目の台風を家でのんびり

台風24号がやってきて週末は出かける予定も潰して家で片付けたり対策したりしながらのんびり過ごしてた。これはこれでいいなあ。

映画 コンタクト

台風で家にいたのでみたかった映画をのんびり見る。プライムの映画はいつでもみれるからとなんとなく見ないまま過ぎてしまう。最近SFづいているので宇宙モノを。コンタクト (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Prime Videoこの商品を含むブログ (3件) を見…

嵐山観光

連休の真ん中、家族で嵐山に行ってきた。ふとしたきっかけで奥さんが一人暮らししてた時の話になって、それが嵐山の観光地の近くだったというところから、どんなとこだったか見てみたいと子供達が言い出したので車で京都に向かう。

巨人たちの星/ J・P・ホーガン

シリーズ3作目、勢いでつらつらと呼んでしまった。巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))作者: ジェイムズ・P・ホーガン,池央耿出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1983/05/27メディア: 文庫購入: 16人 クリック: 154回この商品を含むブログ (93件) を見る

赤ちゃんと子供達と

友人宅で産まれたばかりの赤ちゃん見に行ってきた。とてもかわいい。あー、たまらんなーという気持ちになる。子供らにも、ばあちゃんが亡くなった時のことも含めて、そういう機会にはちゃんと連れて行ってやりたいなあと思う。そりゃあ自我がはっきりしてき…

徳島県神山町でキャンプ

徳島県の山の方にある神山というところに行って来た。10年来の付き合いの友人が働いてて、パン屋をやってるので車を走らせ淡路島超えて徳島まで。四国キャンプは前に高松行った以来2回目。徳島は通過しただけのを除くと学生の時以来だな。

ガニメデの優しい巨人/ J・P・ホーガン

奥さんが会社で勧められてJ・P・ホーガンごっそり借りてきてたので借りて読んでみた。「星を継ぐもの」を6年前に読んだきりで続編があるの知らなかったのでワクワクしながら読んでみたガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)作者: ジェイムズ・P・ホーガン,池央…