読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web屋パパの日々の泡

子育て、ウェブ、サッカー、キャンプ、とりあえず身の回りのいろんなことを自分のログとして書き記していくブログです。

漫画「ジャイアントキリング 38巻」

サッカー 漫画

発売日からしばらく気づかず、1/22の発売日から10日遅れてようやく入手。iPhoneの漫画発売日アラート鳴らしてたんだけど見逃してたので残念。で、ようやく入手した日本代表篇、前の37巻で試合に出られずフラストレーションを抱えた椿と僕らのカタルシスは来るのかという楽しみな一冊。

www.amazon.co.jp


普段は椿が所属するETUのチームや試合の様子、監督の達海の采配に一喜一憂するんだけど、日本代表篇はなかなかそうもいかない。この辺をどう捉えるかで感想が変わってくるのよね。各チーム、ETUが対戦した各チームの強い選手たちが集まっていく、さらに海外組も加わる。これ、現実のサッカーなら「あの本田が!」「あの香川が!」ってなるんだけど、漫画で今まで出てなかった選手となると思い入れと前知識がゼロなので特に盛り上がらない。これ困るよね。まあいいや

で、前回37巻が出た時もなんとなく思ってたけど、ストーリー展開自体の面白さやワクワクとは別に、「やっぱりETUがみたい」という気持ちが出てくる。

gadgetpapa.hatenablog.com



話の最後で、椿がついに交代で呼ばれる。ドキドキするしすごく楽しみなんだけどでもやっぱりスッキリしないところもあって、それはAmazonのレビューなんか見てても同じこと考えてる人が多いんだなあと思う。いやー、嫌じゃないんだけどなあ、みたいな。野球漫画見たかったのに恋愛要素強すぎて、「そっちじゃない」ってなってる感じ。

ふと思い出したのは、前に日本代表の実際の試合をテレビで見てた時に息子が「サッカーやってるん?ジュビロセレッソの選手出ないならオレみたくないわ」って言ってたのよね。もうまさにそれで、代表のチームって面白いしレベルも高いんだけどなんか釈然としない。こないだやってたU23の試合もセレッソジュビロの選手出てないからいまいちあれなのよ。ジュビロは川辺が選から漏れて牲川は鳥栖に移籍しちゃった上に第3キーパーでメンバー唯一出番なかったしね。


実際Jリーグずっとみてると、リーグ戦こそが日常のサッカーであって代表はお祭りみたいなものでハレとケの関係。漫画でも描かれてたけど代表好きなファンが多いのが特徴で、大事なのは「我が街のチーム」ってなるよね。なんかそのギャップが強い。実際のサッカー見ないけど漫画好きで見てるって人も、結局はずっと「我がチーム」としてのETUを追いかけてるから、「それよりレベルが高い代表戦だ!椿がA代表だ!」って言われてもピンとこないよね。椿が、黒田が、清川が躍動して欲しいんだよねえ。


ジャイキリみてるといつもサッカー見に行きたくなる。うちの近くの、我が街のチームの試合を、スタジアムで、見たくなる。だからなんていうんだろうね、ちょっとフラストレーションは解消するんだけどでもやっぱりスッキリしないのよねー。そんな一冊でした。あー、はよ次読みたいのと、はよリーグ戦再開してくれー!!そしてJリーグ開幕まであと25日、もわー!


って感じ。