読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web屋パパの日々の泡

子育て、ウェブ、サッカー、キャンプ、とりあえず身の回りのいろんなことを自分のログとして書き記していくブログです。

映画「シン・ゴジラ」

ようやく「シン・ゴジラ」見てきました。いやー、楽しかった。こういう映画はやっぱり映画館でドカーンと見たい。もう一回行きたいなー。7月末からだったので、まだもう一ヶ月くらいやるだろうか?BDとか出たら買うかな。いや、どうだろうか。


映画の内容や細かい部分はいろんな人が書いてるので、ちょっと自分が感じたことや引っかかったことをメモしておこうかと思います。


とりあえず、気に入った部分を箇条書きでざっと上げておく。

  • 会議 VS ゴジラ。会議はばからしくもあるけれどとても現実的だ。
  • 「言質を取られないように」という生物学者の現実感。
  • 全体を通して、誰もヒーローじゃなくて「仕事をしてるだけ」の感じがよい。
  • 字幕で遊ぶ感じは庵野らしい。市川崑からの正統派日本映画
  • リアルさや面白さってのは本当に細部に宿る。その細部をどれだけ詰められたかが完成度につながってんだなあ
  • 最初に出てきた第二形態の気持ち悪さ。いわゆる「ゴジラの恐怖感」ではない恐怖
  • 「あんなのとまともにやり合える分けない」って思っちゃうよねえ
  • 今までゴジラみたこと無いんだけど、「共通認識」レベルの知識でも十分楽しい
  • 背中から出る熱線、下あご割れて炎を吐くところ、炎から熱線に変わるゴジラの脅威。とにかくかっこいい。
  • その割に「倒したゴジラの口から血液凝固剤を流し込む」というざっくりした感じのギャップ
  • 仕事って、「コネ」と「恩」の比率は大きいよなあ。「やってやろう」って思える人がいるかどうかみたいなことは大きい。
  • 矢口が最後に前線に立って頭を下げる。このシーン好きだったな。
  • 凍結したゴジラは東京駅にずっと残るってなかなかのホラー。ゲームの世界みたいに、徐々に朽ちていくゴジラの躯体と共に人類は生きていくってすげえな。
  • 自衛隊の兵器がかっこいい
  • 役者陣の「主張しないけれど力強い演技」が好きだな。瀧があんなにいい役者になるなんてなー。
  • これをみてプロパガンダとかウヨクだサヨクだ言ってる人って幸せだなあ。
  • どっちも小馬鹿にする感じでネタ盛り込んでる方もすごいけどさ。
  • 「リアルさ」は「アニメ的演出」によってデフォルメされてるところもあって、それ故にエンターテイメントとしての面白さもあるなーと思う。
  • 「人間ドラマの部分いらない」という意見も見た。それは確かにあるかもしれないけれど、「人の想い」が人を動かすということが一つ肝でもあると思うのでそれも違うのかなと思う。
  • 石原さとみの英語は確かに不自然。いや、うまいけどね。
  • 全体的に言外にある「震災のシーン」を彷彿とさせる入れ方がすごい。「もう何も言わなくてもわかるよな」的なところ。

他にもいろいろあるけど、まあネットに書くのもあれなこともあるので、この辺で。楽しかったな。また見に行きたい。