読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web屋パパの日々の泡

子育て、ウェブ、サッカー、キャンプ、とりあえず身の回りのいろんなことを自分のログとして書き記していくブログです。

英語版「JUST RIDE」

今年最後の本は、英語版「JUST RIDE」。けっこういろんなところで評判になってて、かつ「和訳がひどい」というレビューも多くて気になってた。値段的に原書だと半額くらいになるので(日本版高すぎるよ)思い切って英語で買って見た。難しかったけどまあだいたい理解できましたよ。


https://www.instagram.com/p/BOFNnB0BVwk016Yc2uqM3swQ4D9yG_AhcPxaPk0/
かなり面白かったです。 #justride


プロのレーサーみたいなかっこして、プロみたいな乗り方しなくてもいいから楽しく「ただ、乗れよ」っていう本。面白かったよ。


「短すぎるライドなんてない。4時間も乗れば十分だ。」「何十キロも走らなくても10マイル(=16km)も乗ればいい。あとはフリスビーでもして遊んでるのがいい」「風になびくシャツでよい。ジャージなんていらん」「普段着てるのと同じでいい。ウールの靴下、普段から履いてると最高」「ヘルメット被ってると車が注意しなくなるから普段着の方がいい」「たくさん乗ったら、たくさん食べるから痩せないぞ」と、もうとにかくチャリ界隈の常識みたいなものを端から否定する。それはそれで楽しい。でも極論が多い。「いや、そうやけどさ」みたいな。


結局、どんな楽しみ方するかなんて人それぞれなので、やりたいようにやるさってつくづく思うし、この本が言う通りにしても多分楽しくなくて、「まあ気楽にやろうぜ」くらいの感じで見てる。そう思うととても楽しい。


今年700kmくらい乗ったけど、やっぱり体力ないし遅いけど、でも十分楽しいし、早くなること自体にはそんなに興味がないんだよなあ。レースに勝ちたいとも思わない。でも早くなると遠くに行けるし、峠を超えれるようになるといけなかったところに行けたり見えなかった景色が見えるようになる。けっこう単純にそれだけの話で、吉野で絶景見たいなら、登れるようにならなきゃ行けないってだけだったりするしね。


まあ、のんびり楽しみます。来年新しいチャリ来るので楽しみです。