読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web屋パパの日々の泡

子育て、ウェブ、サッカー、キャンプ、とりあえず身の回りのいろんなことを自分のログとして書き記していくブログです。

今年から仕事の質が変わりそうだ

ブログ全く書かなくなってますね。いかんなあ。頑張ります。なんとなくメモしておきたくて投稿。

昇進、みたいな大した話ではないけれど、今年に入ってから仕事の質が変わったなあと感じることが多々ある。ウェブ屋12年もやってればそりゃ色々あるよ。

入れ替わりの早い業界で、気がつけば入社時の先輩は皆いなくなり古参になってしまった。上司は変わらず同じ人がいるので自分が昇進するみたいな絵は描けないけれどそれは別にそれでいいかと思ってる。さすがに今年で40なので色々変わらないといけないなというのもある。

ひとつは立ち回りの話であって、優秀な兵士として矢面に立ちつつ戦績をあげてこれば良かった頃とは変わってきて、チームの結果をいかに最適化して行くかみたいな立場になってくる。新しい人が入ってくるから人数自体は大きく変わってないのだけど当然慣れてない人や仕事の総量のバランスが悪ければ調整しなきゃいけなくなる。


いつまでもプレイヤーとして仕事し続けるには僕はそこまで華もないし独立するような覚悟もない。マネージャーとしてある程度立ち回れないと次どこかに転職するなんてことも難しくなるよなそりゃ。年齢ってそういうもんだなあ。



もうひとつはウェブの環境なのかニーズの変化なのか、いよいよ「ブラウザの外」に引っ張り出されることが増えてきたなあという印象。ウェブで通販でものを売りましょうってのにも推移してるけど、いかにリアルに触れさせることができるかみたいなことが強くなってきている。

人間が物理的に生活してることは今までもこれからも変わらないのだけど、ネットやスマホが拡充して行くとうまく結びつけられるのがいいよねって話になる。ウェブはまだまだ面白いなあ。


外的な要因もあって、忙しくなるけど早く帰れと言われる時代になってきて、そうなるとシンギュラリティやらベーシックインカムやら環境の変化の中でそれでも必要とされる仕事しなきゃいかんよねーと強く思います。

娘には一度シンギュラリティについてきちんと話をしよう。たぶん理解するだろう。


夏に40になるけど、なんとなくその区切りの年に仕事に節目があるのも皮肉というか明示的というか、変化を促されてる感じはあるね。楽しみながらやっていきます


奥様も3年半勤めた会社を転職するし、息子も幼稚園卒園して春から小学校。いろんなことが次のフェーズに進んで行く感じあるな。いいタイミングだ。